rinna

Co-creation world between humans and AI.

ユースケース

動画活用で受講生の学習効率アップ。学習塾における動画導入のメリットと効率的に制作する方法を解説

昨今動画による学習支援が進みつつある学習塾。効果的な学びに繋がる一方、動画制作の手間やコスト、クオリティの担保などの課題もあり、本格的な導入に踏み切れていない現場も多くあります。

そこで今回は改めて動画導入のメリットや効率的な動画制作を実現するAIソリューションについてご紹介します。

変化と多様が求められる教育現場 

近年、学習塾の環境は大きく変化しています。かつては教室に大人数を集めて行う集団指導型が一般的で、各地域で難関学校を目指す生徒を対象に学力向上を目的とするサービスが主流でした。しかし、少子化や生活習慣の多様化に伴って学びのニーズも変化してきており、新たな受講生の獲得のために、幅広い学力の生徒を対象にした、個別指導型や自立学習型などさまざまな学び方に対応した指導方法が必要になってきています。 

動画導入のメリットとは 

そんな多様化が進んでいる学習塾において、現在特に注目されているのが動画による学習支援です。1990年代半ば頃から一部の学習塾では行われていましたが、IT技術の発達やリモート授業の普及などから、本格的な導入に踏み切る現場が増えてきています。 

では、動画を導入することで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。主に次の3つが挙げられます。 

手軽に利用しやすくわかりやすい 

動画は、繰り返し視聴できるところがメリット。難しい箇所や理解が追いついていない部分を何度も確認することができるため、生徒はそれぞれのペースに合った学習ができ、理解を高めることが可能。対面授業と併用することで、より効率的な学習環境を提供することができます。 

学習する場所や時間を問わない 

動画は場所や時間に制約されず視聴可能なため、学習機会の幅を広げることができます。例えば、病欠や交通事情による欠席があっても、動画による補講でサポートできれば、後れを取ってしまうことがありません。また、塾への送迎や夜間通学を減らすことができるため、保護者の負担や心配の軽減にも繋がります。

さらに、近隣の生徒のみならず、遠隔エリアからの受講も可能になることから、集客の面からも塾の運営に寄与するでしょう。  

教員不足や教材作成の負担軽減 

授業内容の一部を動画にまとめておくと、対面授業では生徒にとって難しい箇所や理解が追いついていない箇所の指導に注力できるので、カリキュラムに基づいた授業の実施・評価・改善がしやすくなります。さらに、追加の補講や予備教材の準備などを減らせることから、人手不足に悩む現場の負担や、教室・印刷物など物理的なコスト削減にも繋がるでしょう。 

動画制作の課題 

生徒の効果的な学習体験と運営の効率化をもたらす動画ですが、制作・運用するには主に次の2つの課題があります。 

制作コストとクオリティの担保 

受講生が利用しやすい動画を制作するためには、短時間で視聴できるように授業内容をコンパクトにまとめたり、聞き間違いがないように字幕や音声をつけたりする工夫が必要です。授業以外で別途撮影を行って動画を作る場合、講師や撮影機材、撮影場所などの準備が必要になるため負担が大きくなりがちです。また、実際の授業映像をビデオカメラで録画して配信した場合でも、動画としての長さや、内容の明瞭さはもちろん、受講生のプライバシーなどにも気を配る必要があります。 

多様化する学習ニーズへの対応 

さまざまな習熟度や進路希望をもつ受講生が集まる学習塾では、制作する動画も画一的なものではなく各生徒の目的やレベルに合った内容のものを用意しておくことが理想的です。あわせて、年々変化する学習指導要綱の内容や入試の出題傾向などにも柔軟に対応しながら、動画を制作・改訂しなくてはならないため、限られた現場のリソースでどこまで対応できるかが課題になるでしょう。 

動画制作の効率性を高めるバーチャルヒューマンソリューションとは 

授業や校務で多忙な学習塾で動画の活用を検討する際には、AIをつかってより効率的に動画を作成・利用できる環境がおすすめです。その一つが、rinnaのバーチャルヒューマンソリューション。人間のようなリアルな見た目・自然な発話・表情変化等の感情表現ができるAIアバターを手軽に導入できる動画制作のプラットフォームです。現場の負担を抑えながら一定のクオリティを担保した動画制作を容易にし、スムーズな運用をサポートします。 

動画の制作時間を短縮 

rinnaのバーチャルヒューマンソリューションは、オリジナルのAIアバターの生成から動画制作までをワンストップで実現。あらかじめ講師をモデルにしたAIアバターを作成しておけば、テキスト入力だけで自在に喋らせることができ、授業内容の改訂もテキスト修正のみで完了。クリエイティブなプロセスをシームレスに進められるので、クイックな動画制作が実現できます 

専門知識不要で直感的に操作できる 

まるでスライド作成ツールのよう簡単な操作で動画が作ることができる点も、rinnaのバーチャルヒューマンソリューションの特長です。AIアバターやテロップ、図表などの資料の配置はドラッグ&ドロップで自由に調整でき、適宜BGMや効果音なども挿入可能。 

専門知識不要で内製できるため、中長期的に捉えると外部に委託する場合に比べて大幅なコスト削減にも繋がります。 

ユースケース 

ここからは、rinnaのバーチャルヒューマンソリューションの具体的なユースケースをご紹介します。 

生徒のレベル感に応じて多彩な動画を簡単に量産できる 

複数の動画を簡単に量産できるため、学習進度や学習目標得意不得意分野などに適した動画教材を制作することが可能。より生徒一人一人にカスタマイズした学習プログラムを組みやすくなるでしょう。 

さらに、一度生成したAIアバターは何度でも再利用することができるので、都度講師をスケジュールして再撮影する手間をかけることなく動画の新規作成やアップデートもできます。 

日本語以外の言語での授業にも対応 

バーチャルヒューマンソリューションで作成したAIアバターは、人間に近い自然な発話と仕草、表情変化を伴っているため、違和感なく動画学習を進めることができる点も特長です。 

日本語だけでなく、英語や中国語など約140か国の流暢なイントネーションに対応しており、テキスト入力のみでAIアバターに外国語を喋らせることも可能。日本語を母国語としない受講生にもスムーズに学習指導を行うことができます。 

効果的なプロモーション動画制作で集客アップ 

動画は、学習効率の向上だけでなく、広報ツールとしても活用可能。テロップやBGM、効果音などを自由に組み合わせ、オリジナリティあふれるPR動画を制作すれば、テキストや静止画だけでは伝えきれない塾の雰囲気やサービス内容を伝えることができます。さらに、ターゲットやアップするデジタルプラットフォームの特性にあわせたアプローチも容易に行うことができるため、集客アップも狙えるでしょう。 

動画導入で生徒一人一人に効率的にコミットする学習サポートを 

質の高い学習サポートと現場の負担軽減を両立し、生産性の高い学習塾運営を促す動画導入。rinnaでは、AI導入に伴う課題も考慮しつつ、要件定義から運用まで、お客様のニーズに合わせた包括的なサポートを提供いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。  

チャットボット