rinna

ユースケース

自治体の情報配信に関する課題を動画で解決。具体的な方法や活用事例をご紹介

財政窮迫、人口減少、横断的なまちづくりなどといった背景から、住民との"協働"の重要性が唱えられる昨今。住民の参画を促し、地域社会との連携強化を図るためには各自治体による情報発信が欠かせません。しかし、自治体が発信すべき情報は複雑多岐に渡るため、地域住民のニーズや行動様式に沿った新しい情報発信手段の取入れを検討していくことが求められています。 

こうした課題に対処する効果的な情報伝達手段のひとつとして注目されているのが、動画の活用です。今回は、動画のメリットと、効率的な動画制作をサポートするAIソリューションについてご紹介します。 

自治体における情報発信の課題 

自治体の情報発信における課題は多岐にわたりますが、主なものとして以下の2点が挙げられます。 

情報発信の手段の多様化に伴う、情報整理や運用の課題 

コミュニケーションチャネルの多様化が進む中で、自治体では情報の整理や運用の面でさまざまな課題が生じています。 

例えば、地域住民が自治体のウェブサイトをはじめとするオンラインプラットフォームから必要とする情報を探しにくいという点です。自治体が提供する情報量が増加する一方でその整理が追いついておらず、住民が目的の情報にアクセスするまでの適切な導線が欠如しているケースが多く見られます。 

また、情報にたどり着けたとしても「説明が簡素過ぎて分からない」「書類だけでは分からないので電話した」「具体的なことは窓口で聞かないと情報が得られない」といった声が上がることもあり、提示している情報の具体性や明瞭性には課題が残っています。 

そのため、情報や伝達手段の整理は自治体にとって急務となっています。 

リソース不足によって情報を十分に発信できない 

多様なニーズに応じた情報発信が求められる一方、自治体が扱う膨大な情報を限られた人員や時間、財源の中で収集・整理・提供までの一連のプロセスを行うには限界があります。 

そのため、リソースに制約がある中でもっとも効果的な情報発信手段はどれなのかを見極め、戦略的に活用することが必要です。デジタル技術の導入や、SNSやウェブサイトなどより多くのユーザーが利用しやすいオンラインチャネルを活用するなど、新しいアプローチを模索することも欠かせません。 

 動画による課題解決アプローチの提案 

このような自治体の情報発信に関する課題を合理的に解決する手段として活用が進んでいるのが、動画による情報発信です。 

動画は、テキストや写真のみよりも多くの情報量を短時間で届けることができるため、複雑な情報を地域住民にわかりやすく伝えることが可能。

SNSやオンラインプラットフォームなどでの共有が容易で拡散力もあり、より多くの人々にスピーディーに情報をリーチさせることができます。 

このような動画の特性を活かすことで、自治体はより効果的かつ魅力的な情報提供が可能となり、地域社会とのコミュニケーション強化をめざすことができるでしょう。

rinnaのAIソリューション「バーチャルヒューマンソリューション」で効率的な動画制作を 

効果的な情報発信手段としてすでに動画を積極的に活用している自治体がある一方、制作コストや手間がかかることからなかなか導入に踏み切れない自治体も少なくありません。 

そんな動画制作の課題に対処するツールとしておすすめなのが、rinnaが提供する「バーチャルヒューマンソリューション」。人間のようなリアルな見た目・自然な発話・表情変化等の感情表現ができるAIアバターを使った動画編集のプラットフォームです。 

バーチャルヒューマンソリューションには、主に次のような特長があります。 

自然な見た目・自然な動きのハイクオリティなAIアバターの生成 

rinnaのバーチャルヒューマンソリューションは、実在する人物の姿と音声をもとに生成されたデータから、独自のAIアバターを作ることができます。リアルな挙動で人間の表情を忠実に再現し、自然な形でコミュニケーションを図れるため、情報発信の効果を向上させることが可能です。 

入力したテキストがそのままAIアバターの音声になる 

バーチャルヒューマンソリューションのAIアバターは、喋らせたい内容をテキストで入力するだけで、自然な身振りや表情を付け加えながら違和感なく読み上げます。 

発話のスピードやトーンも、コンテンツにあわせて自由に調整可能。アバターを非表示にすれば、生成された音声データのみを使用してナレーションとして活用することもできます。 

さらに、日本語、英語、中国語など、約140か国の流暢なイントネーションに対応しているため、外国人の住民に対する情報伝達もよりスムーズに行えます。 

直感的な操作で動画作成まで可能 

AIアバターの生成だけでなく、動画制作まで一括で済ませられるところも、rinnaのバーチャルヒューマンソリューションのメリット。まるでスライド作成ツールのように感覚的に操作ができるため、専門的な編集知識や技術は不要です。 

生成したAIアバターやテロップ、キャプションなど各要素はドラッグ&ドロップで簡単に挿入でき、位置やサイズもの調整も自由自在。アニメーションや音楽なども組み合わせればさらに表現の幅が広がり、地域住民の興味を惹くようなオリジナリティあふれる動画を簡単に内製できます。 

バーチャルヒューマンソリューションを使って、自治体の情報発信力を強化する方法 

バーチャルヒューマンソリューションで動画を制作することで具体的にどのようなことが実現できるのか、ユースケースをご紹介します。 

地域交流・活性化の促進 

ボランティアやイベント活動などの告知は、チラシやポスターが主流でした。しかし、コミュニケーションチャネルが多様化している昨今、紙による告知だけではどうしても局所的な周知に留まってしまったり、目に留まりにくかったりなどの課題が出てきている現状があります。 

従来のやり方に加えてバーチャルヒューマンソリューションで制作した動画を取り入れることで、より広範な層への情報発信を実現。簡単にバリエーションに富んだ動画を量産できるので、イベントの内容やターゲットにあわせてさまざまなアプローチができ、住民の地域交流促進します。 

補助金・助成金・協賛金など財務関連の案内 

自治体の補助金・助成金・協賛金など財務関連の情報は非常に複雑。テキストや図表のみで整理し、地域住民に十分な理解を促すには困難な部分があります。 

バーチャルヒューマンソリューションで動画の制作を行うことで、膨大な情報も短時間で簡潔に伝えることが可能に。視覚情報と聴覚情報をうまく組み合わせることで、テキストだけでは伝え切れない細かなニュアンスも届けやすくなります。 

また、情報の改訂時にも、テキスト修正のみで簡単に情報をアップデートできるため、地域住民に最新の情報をスピーディーに伝えやすくなり、職員の問い合わせ対応の負担軽減や手続きのトラブル回避にも繋がります。 

町おこし・PR動画の作成 

地域のPRにおいても、動画は有効な手段のひとつです。視覚情報と聴覚情報を併用した複合的な情報発信によって、地域の特性をわかりやすくかつ魅力的に伝えることができます。さらに、動画は時間や場所を問わず視聴できる上、SNSでの拡散も容易なため、より広範囲へ訴求できる点もメリットです。 

バーチャルヒューマンソリューションは、市長や観光大使など、スケジューリングが難しい人物のAIアバターを生成することが可能。一度作成しておけば再撮影不要でオリジナルAIアバターを使った動画を複数量産できるので、ターゲットやアップする動画プラットフォームの特性に応じてさまざまなアプローチを試みることができます。 

外国語にも対応しているため、訪日インバウンド施策の一環としてPR動画を活用するのも良いでしょう。 

動画活用で効果的かつ迅速な情報発信を 

従来の方法だけでなく動画コンテンツも積極的に活用することで、自治体の情報発信の質と住民の情報アクセスの容易性が向上します。 

動画制作にはある程度のコストや手間がかかるものの、rinnaのバーチャルヒューマンソリューションを導入して内製すれば、外注コストを抑えつつ情報発信のスピード感と柔軟性を高められるため、中長期的に見ると多くのメリットが得られます。 

rinnaでは、AI導入に伴う課題も考慮しつつ、要件定義から運用まで、お客様のニーズに合わせた包括的なサポートを提供いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。