rinna

Co-creation world between humans and AI.

法人向けサービス

AI人材を育てる実践的な教材開発を支援

AICademy

rinnaのAICademy(「エーアイカデミー」と読みます)は、企業・組織ならびに教育機関向けに開発された、AI人材育成のための教材開発支援パッケージです。

「自由会話、会話分析、感情表現、音声、画像」など当社(rinna)の事業で実際に用いられている最新の生成AI技術をAPI群として利用することができ、社員の育成や生徒の能力開発を支援する教材に組み込んだり、教材やカリキュラムの開発設計にご活用いただけます。

近年では、研究分野や専業を超えてさまざまなビジネスでもAI技術の開発利用や事業開発が進められており、自社のサービスやシステムにAIを取り入れることで新たな価値を生み出し、ビジネスプロセスの最適化を目ざす企業・組織も増えています。

今後のビジネスシーンにおいて期待される、「新たなAIシステムを構築・運用し、適切なメンテナンスするための専門的な知識や技術を持ったAI人材の育成」に課題を持つお客様に向けて、rinnaが提供するビジネスソリューションで用いられるAPI群をパッケージとして提供します。APIを使って実際にシステム開発をしながら必要な知識を学ぶ、スキル直結型の教材としてご利用いただける他、ITスキル系の教育プログラムに組み込むことで、体系的な知識習得の機会を用意することができます。

AICademyの特長

1. 日本語に特化したAlモデルの研究開発実績

AIキャラクター「りんな」で培った自然言語処理技術のノウハウを活かし、これまで日本語に特化したAlモデルの研究開発分野をリードしてきました。当社の研究成果や開発した技術は、日本語に特化したNLPをはじめたとしたAIの研究開発に利用されています。信頼できる技術で生み出されたAlモデルを能力開発に用いることで、ビジネスシーンで通用するAI人材の育成を支援します。

2. 実践的なAI技術の利用を通して、ビジネスで活躍するAI・DX人材の育成を支援

rinnaのビジネスソリューションにも用いられる、「自然言語処理」「データ分析」「音声合成」の3つのカテゴリから実用的な生成AI技術をAPIとして学習の中で使用することができます。豊富な種類のAPIをつかって実際にAIシステムの開発経験を積むことで、システムに求められる技術や知識を理解し、効率的にスキルを身につけることが可能です。

自然言語処理(Conversation Models)

ECCE - v5.2

ECCE (Editable Content Conversation Engine) は、下記のAPIを組み合わせた構成となっています。事前に与えた知識データをもとにしたより確からしい回答の提案やキャラクター性をもたせた自由対話など、AIキャラクターとの複合的で自然な会話体験を提供できます。

Character Conversation API (Multilingual)

rinna社の開発した大規模言語モデルをベースにした、キャラクター性を持たせた自由対話を行えるAPIです。

Character Conversation API (Japanese)

rinna社の開発した大規模言語モデルをベースにした、キャラクター性を持たせた自由対話を行えるAPIです。日本語に特化した文章生成が可能になります。

Recommendation API - v5.2

知識データを準備するだけで、適切な回答を判断し返答するAPIです。検索エンジンのように、事前に与えられたデータの中から質問に最適な回答を関連度スコアとともに抽出します。

Recommendation Scoring API

事前に与えられたデータに対して、クエリとの関連度でスコアリングを行い、スコア順に回答を並び替えるAPIです。Recommendation APIを構成する一部の機能を独立させたものです。

Response Summarization API

事事前に与えられたデータをもとに、クエリに対して適切な返答を生成するAPIです。クエリに対して最適なキーワードを事前準備データから抽出し、回答文を自動生成するため、端的で自然な会話を実現できます。

Session Based Scoring API

会話の文脈に即した回答を提案するAPIです。会話の文脈を踏まえて、回答候補をスコアリングします。


データ分析(Analytics Models)

Text Tagging API - v2

文章を予め与えられた15,000以上のラベルに自動的に分類するAPIです。どういった内容の文章なのかラベルとの関連度スコアとともに分類します。

Emotion Classification API

テキストを嬉しい、悲しい、怒りなど7種類の感情に分類し、顧客の声の分析等を行えるAPIです。

Positive Negative Classification API

テキストをPositive、Negative、Flatに分類し、顧客の声の分析等を行えるAPIです。

Profanity Classification API

差別や残虐行為、政治・宗教等にかかわる不適切な表現を検出し、SNSやレビュー等の監視に活用できるAPIです。


音声合成(Text to Speech Model)

Text To Speech API - v2

文章から自然な合成音声で発話ができるAPIです。​声質、感情、発話速度等のパラメータ調整が可能です。​v2では声質の変更および怒り、おそれ、驚きの感情スタイルが追加されています。

3. 独自のIT教材に組み込み、能力開発プログラムとして提供が可能

教材開発の知識やアイデアがあれば、お客様の教材に組み込んで利用することができます。APIの使い方や教材活用の方法について、rinnaの開発者及びAI技術の研究者による、サポート及び共同研究・開発の機会をご提案させていただきます。

※ サポート及び研究・開発については、別途ご相談ください。
※ カリキュラム開発サポートあり。有料

よくある質問

AICademyが提供する技術内容について

国内でもトップレベルの評価を受けるAIモデルの研究・開発を経て提供される、高品質な生成AI系モデルが中心です。実際にrinnaの製品開発にも用いられている実用的なAI技術をAPIとしてご利用いただけます。

AICademyを利用したパートナーシップについて

企業研修、学校教育、個人学習、教材開発などで用いることが可能です。必要に応じて弊社から専任の技術者・研究者によるご支援をさせていただきます。詳細についてはご相談ください。

AI業界の変化への対応能力について

rinnaはAIの黎明期より業界をリードする日本企業として、先を見据えた技術の研究と提供を積極的に進めています。AI技術の急速な発展に伴う利用範囲の拡大にあわせて、AI技術を効果的・効率的に使いこなせるAI人材の開発をめざし、お客様の課題解決をご支援します。

チャットボット